読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫野詩梨帳

ゴミの退学 ゴミの退職

生兵法はねこのもと

中途半端にするよりは,最後までやったほうがよい.しかし,どうしても最後までできなかった場合は? なにもしないよりは中途半端にでもやる方が良いと私は思っている.マア実際は時と場合によりけりかもしれないが.

私の場合特に,熱しやすく冷めやすいというか,突然何かに関心が出てきたと思ったらすぐ飽きてしまう,といったようなことが多い.個人的にはもう少し長くもってほしいものだけれども,こればかりはどうしようもない.

中途半端にでも手を出しておけば,そのうちまた関心が湧いてきて再チャレンジしてみようかな,なんて思うことがあるかもしれない.なにもしてないよりは,なにかしておいた方が再チャレンジ時の障壁も下がる.

100 ページの本を 10 ページだけ読んで飽きてしまう,ようなことがよくある.でも次にまたその本を開いた時は,少しだけ残っている以前の知識を活かして 11 ページまで読めるかもしれない.またその次は 12 ページ,13 ページ,……のように,飽きるまでの時間に読めるページ数が増えていけば最終的に 100 ページ読みきれるかもしれない.

しかしやはり一気に最後までやり通すより効率は悪いだろう.人生短いのだから,効率はいい方がいい.こんな効率の悪いやり方をとっていたのでは,きっと大成しないだろう.でも私はまあ効率が悪くてもいいかなと思っている.どうせ効率的に生きても死んでしまえば終わりだし,ひょっとしたら人生そこまで短くもないかもしれない.サイボーグ化,電脳化とかして寿命がめちゃくちゃ伸びるかもしれないし……